カテゴリ:
~今日の献立~【日本全国旅メニュー★鹿児島県の郷土料理】
*鶏飯(けいはん)
  牛乳
*きびなごのカリカリ揚げ
 大根のきんぴら
 
DSCN1801

鶏飯(けいはん)は、鶏だしスープをかけてお茶漬けのようにして食べます
DSCN1802

★一口メモ★

今日は【日本全国旅メニュー】で「鹿児島県」の郷土料理の紹介です。

鶏飯(けいはん)は、鹿児島県にある奄美大島に伝わる郷土料理で、江戸時代に見回りに来る薩摩藩の役人をもてなすためにつくられた料理です。

昔は、鹿児島ではほとんどの家で鶏をかい、お祝い事やお客様のもてなしにも鶏を使った料理を出していたそうです。

 

「きびなご」は、昔から鹿児島県全域でとれる魚で、郷土料理にはかかせない食材です。

青魚なので、血液をサラサラにしたり、脳を活性化させる働きがあります。