~今日の献立~【日本全国旅メニュー『秋田県の食』】
 *ごはん(あきたこまち)
  牛乳
 *ハタハタの唐揚げ
  ごま和え
 *いぶりがっこ(たくあん)
 *きりたんぽ汁
 *りんご

DSCN2364

★一口メモ★

今日()は「日本全国旅メニュー」の日で、秋田県の郷土料理などを紹介します。

・お米は「あきたこまち」という品種で、 香りも良く粘りもありモチモチとした食感の良さが特徴です。

・ハタハタという魚は、秋田県を代表する魚で、冬の時期、産卵のために秋田県沖に集まります。「しょっつる鍋」が有名です。
・きりたんぽ汁の「きりたんぽ」とは、お米をつぶし、棒にまきつけ焼いた物です。

きりたんぽ」の「たんぽ」とは()()部分()のカバーのことで、棒に巻きつけた形がそれに似ていることから「たんぽ」と呼ばれ、「きりたんぽ」は鍋に入れる際、切って入れることから「きりたんぽ」とよばれるようになったといわれています。

いぶりがっこ」とは、漬物として使う干し大根が凍ってしまうのを防ぐために、()()()()()()()るして()した雪国秋田の伝統的な漬物()です。

 秋田の方言で漬物のことを「がっこ」と呼ぶことからその名がつけられました。

いぶしてあるので、独特の香りがしますが、ご飯とよくあいます!

 ・「りんご」は、日本全国6位の生産量になってます。

Have a great lunch! 給食を楽しんでね!